【ひなまつり】洋風焼きはまぐり

にんにくとバターの香りの焼きハマグリ。

 材 料 

はまぐり 大12コ
にんにく 1/2かけ
パセリ みじん切り:適宜
マーガリン 大さじ1


作 り 方 

はまぐりは海水と同じ塩分度の塩水につけて砂抜きしておきます。

みじん切りにしたニンニクとパセリをマーガリンに加え、よく混ぜ合わせておきます。

フライパンか鍋に水と酒(分量外:各100cc程度)、はまぐりを加え、火にかけます。フタをして数分すると、貝の口が開いてきます。開いたものから順に次々と鍋から出します。

身のついていないほうの殻はもいで取ります。殻についている身の上に、先ほど混ぜておいたガーリック入りマーガリン少々を乗せ、オーブントースターで6〜7分焼きます。お好みでレモンを添えます。


ポ イ ン ト
・貝の口が開いたら、うまみが逃げてしまう前にすぐ取り出してください。このときに中までしっかりと火を通す必要はありません。

・蒸し器のある方は、蒸して貝の口を開いてください。よりうまみが逃げません。

・砂抜きの際の塩水やマーガリンの塩分があるので、特別な味付けはいりません。レモン少々をしぼって熱々をいただきましょう。

桃の節句・ひな祭りの料理を作ってみよう

桃の節句・ひな祭りの料理を作ってみよう
親から子へ、家々の味や習慣は受け継いでいくことはとても素敵なこと。桃の節句・ひな祭りの料理を作ってみよう一人暮らしをしていると、ついつい季節の移ろいを忘れがち。その頃、宮中では“ひいな遊び”という紙の人形を使ったおままごとのような遊びが流行しており、それと上巳の節句が合わさって、現在のようなひな祭りという行事になっていきました。 ひな祭りと言えば、『桃の節句』『女の子のためのお祝い』ですが、元々の由来はご存知ですか?ひな祭りは、平安時代に始まったと言われています。

ひな祭りは平日と言うこともあり、一人暮らしではわざわざ料理を用意する人は少ないかもしれませんが、ひな祭りは日本の伝統的な行事です。そのひとつがひな祭り。あなたはその由来や歴史を知っていますか? また、どんなお料理でお祝いをするか、子供の頃にご馳走を食べた記憶はありませんか?日常の慌しさに流されるだけでなく、季節や行事を心に留めて、大事に過ごしていくことが、心のゆとりにもつながります。菱餅・ひなあられ・蛤・チラシ寿司…ひな祭りの料理ひな祭りのときに食べるのは、地域や家庭によって異なりますが、一般的に菱餅・ひなあられ・チラシ寿司・白酒など。

ひな祭りとひな人形の由来を知っていますか?ひな祭りは、桃の節句。季節の節目となる行事として、5つの節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)があり、そのうちの上巳というのがひな祭りにあたるもの。桃や菜の花を飾ってみましょう。彩りが鮮やかで、華やかなご馳走が用意されることが多いと思います。

子供の頃に食べたひな祭りの味を、あなたも再現してみてはいかがですか。どんなものを食べたか忘れてしまったり、作り方がわからなかったら、この機にお母さんに連絡をして、聞いてみてはいかがでしょう。その他の季節にまつわるガイド記事は、「ひとりでも季節を感じながら暮らしたい」シリーズをご覧ください。でも、四季のある日本には忘れてほしくない素敵な行事がたくさんあります。

桃カステラ

桃カステラ(ももカステラ)は、桃をかたどった長崎県の郷土菓子

桃の形に切り取ったカステラ又はスポンジケーキ生地の上に、着色した砂糖をコーティングし、更にマジパン等で作った桃の葉や枝を添えて、桃の形にした物である。特に桃の節句(3月3日)の頃に、長崎県内の菓子屋で製造・販売される。

中国では古くから桃は縁起物とされており、長崎の郷土菓子であるカステラでそれを模した物で、南蛮文化の影響を色濃く残した菓子の一つである。長崎では、女児が初節句を迎える家庭から親戚知人にお返しとして送る、内祝いの品物として用いられて来たが、近年は節句の時だけでなく、宮参りや婚礼、出産祝い等の時にも縁起物として広く贈答されている。


桃カステラ 5個入
『桃の実』は古く中国では不老長寿の果実として尊ばれてきました。
中国と深い文化の交流のある長崎では伝統の『カステラ』の技術で、桃をかたどった『桃カステラ』が生まれました。
女の子の健やかな成長をお祝いする桃の節句の内祝いのお菓子として
長崎のお客様に長く愛されております。
長崎では、『桃カステラ』はお祝い事の象徴としてお子様のお誕生、ご入学、ご成人、ご結婚・・・などお祝い事には欠かせない『カステラ』と並ぶ、ご贈答のお品物として 人気がございます。


長崎銘菓「桃カステラ 5個セット」
桃カステラは、長崎で桃の節句の時食べられるお菓子として一般的です。
しかし、地元長崎でも桃カステラを食べれるのは、この時期だけ。
そのような期間限定の長崎のお菓子を、全国のお菓子ファンに召し上がってもらいたいと、いつでも購入できるようになりました。
桃カステラの「桃」の部分は、ホンダンというもので砂糖を煮詰めたもの。
下のカステラ部分は、甘味をおさえており、ホンダンとの相性は抜群!!
その味わいは、地元の人は元より地方送り、贈答用として用いられるほど。地元テレビにも紹介され、人気を集めています。
その人気の秘密は熟練した菓子職人の技にあり!
一つ一つ丹精込めて丁寧にお作り致しております。手づくりだからこそ生まれる味を自信を持ってお勧めいたします。
この桃カステラのこだわりは「材料」。
カステラの材料の中でも特に重要な「卵」は、厳選したこだわり卵「ひまわり卵」を使用しています。この卵を使用したことにより、さらに美味しく、安全安心にお召し上がり頂けます。




メゾピアノ メゾピアノの新品

菱餅

桃の節句「ひな祭り」の由来
 女の子の成長を願い、邪気を祓うお祭りである「ひな祭り」は、江戸時代に「五節句」(1/7七草の節句、3/3桃の節句、5/5端午の節句、7/7七夕の節句、9/9重陽の節句)のうちの1つとして定められたのが始まり。 
 ひな祭りのルーツは、古くから邪気を祓う儀式の道具として川に流していた人形(ひとがた)を、時代の変化と共に、3月3日の巳の日(忌み嫌う日)に人形を身に付けて邪気払いをするようになったことから始まりました。
 そして江戸時代の貴族の女の子の間で「ひいな遊び」と呼ばれる、お人形遊びが流行した事により、邪気払いの人形と、雛(ひいな)人形が結びつき、現在の「ひな祭り」として、3月3日に子供の成長を願って人形を飾る習慣が定着しました。
カラフルで可愛い素朴なお菓子。
その懐かしい味を手づくりして、女の子の成長をお祝いしましょう。


菱餅 菱餅の三色にはそれぞれに意味があり、紅(赤)は桃、白は雪、緑は大地を表しています。3月は桃の花が咲き、雪の合間から大地がのぞき出す季節。その様子をお菓子に託したものです。
さくら羹 さくら羹は、ツルンとのどごし爽やかな寒天ゼリーを赤く染め、桜の型で抜いたものです。プッチンプリン型は「さくらの形」に似ているので、入手しやすくて便利♪
雛あられ(煎餅) 雛あられは、関西の方では揚げ煎餅で、関東ではポン菓子(ライスパフ)で雛あられを作るそうです。また、大豆または黒豆を炒り、これに「あられ」を混ぜ、砂糖をまぶしたものもあり、地域によって様々。レシピは揚げ煎餅を鮮やかな色に染めて作ります。


京都 ノムラフーズがお届けする 「ひな祭りお祝い重」


メゾピアノ メゾピアノの新品

蛤の吸い物

ひな祭りが近づくにつれ年甲斐もなくワクワク・ドキドキしてしまうまあま★ですが、皆さんは雛人形の準備はカンペキですか???
まあま★は、毎年節分の日が過ぎるとそそくさと雛人形を出して飾るんですね♪ まあま★はなんとも言えないあの雛人形の表情が愛らしく、かつ優しい目で見守ってくれてるようなところが大好きで、片付けたその日からず〜っと「まだかなぁ、まだかなぁ」って首をなが〜くして待ってるんですよね(^^;;
そんなひな祭りには、ひな祭りパーティを盛りあげてくれるひな祭りレシピ♪ひな祭りレシピの定番と言えば、ちらし寿司に、蛤のお吸い物に、菜の花なんかがよく知られていますよね(^^)♪
でも、蛤のお吸い物がひな祭りレシピなのは何故??? それは。。。
蛤の1対の貝殻は、絶対に他の貝殻とは合わさることがないことから、女の子の末永い良縁を願うことに繋がって女の子の初節句に蛤のお吸い物を添えるようになったようですね♪
まあま★がひな祭りレシピを紹介してみるので参考にして頂けたらウレシイです♪
** 蛤の吸い物 **

●材料(4人分)
蛤 ・・・・・・・・・8個
ウド ・・・・・・・・4cm
木の芽 ・・・・・4枚
昆布 ・・・・・・・6cm角1枚
水 ・・・・・・・・・5カップ
酒 ・・・・・・・・・小さじ1/2
薄口しょうゆ ・・小さじ1/2
塩 ・・・・・・・・・・小さじ2/3
●作り方
1.蛤は薄い塩水につけて、砂出しをしてきれいな水の中で殻をこすって洗う。
2.ウドは厚めに皮をむいて、松葉に切って水にさらす。
3.鍋に水、昆布、蛤を入れて火にかけ煮立てば昆布を取り出し、アクと泡を取る。
4.3に酒、塩、薄口しょうゆで味を調えて、できあがり♪
5.吸い口にウド、木の芽を添えていただきます♪


地元で大評判!伊勢志ぐれ こだわり蛤袋入り 2袋セット


メゾピアノ メゾピアノの新品

ちらし寿司

ちらし寿司
ちらし寿司は調理に専門的な技術が不要なため、家庭で作られる機会も多く、祭礼などハレの日の手作り料理として供されることが多い。大きく分けて二つの系統に分類される。
飯に細かく切った魚介類、野菜などの具を混ぜて食べるもの。
バラ寿司・バラちらしとも言う。具には錦糸玉子・干椎茸の煮つけ・かんぴょう・酢蓮根・海老・焼穴子等がよく用いられる。
具を飯の上に飾り載せしたもの江戸前寿司店のちらし寿司(均等にそろえ切りした具を並べる)、鹿児島県の酒寿司・岡山県の祭り寿司等(さまざまな具を配置する)がある。
上記以外の例では、三重県の手こね寿司で具を混ぜた後、更に切り身を乗せる事がある。
店舗・家庭により好みの具が使用され、地方により果物(リンゴ、ミカン、サクランボ等)を入れる場合もある。

押し寿司
飯と具を重ね、一定時間、力をかけて押したもの。最もポピュラーな鯖寿司である大阪府のバッテラや京都府の鯖の棒寿司、富山県の鱒寿司、鰺の押し寿司、秋刀魚寿司、鳥取県の吾左衛門寿司、広島県の角寿司、山口県の岩国寿司など。
ちなみに、「清水次郎長伝」の「石松三十石船」で有名な、森の石松が神田生れの江戸っ子に、「食いねぇ、食いねぇ、寿司食いねぇ」と勧めた寿司とは、大阪本町橋の名物である「押し寿司」といわれる。


ムソー五目ちらしずしの素


メゾピアノ メゾピアノの新品

ビッグひな祭り

ビッグひな祭り(ビッグひなまつり)は、徳島県勝浦町(旧阿波国)及び千葉県勝浦市(旧上総国)において、毎年2月・3月に開催されているひな祭りである。発祥は徳島県勝浦町あるが、のちにそれが派生する形で千葉県勝浦市においても開催されるようになった。期間中は、巨大なひな壇に無数のひな人形が飾られる

徳島県勝浦町
勝浦町生名の人形文化交流館において、ビッグひな祭り実行委員会及びNPO法人阿波勝浦井戸端塾によって約1ヶ月にわたり開催される。
会場では、2万体以上のひな人形が飾られ、なかでも高さ約7mの巨大なひな壇が目玉となっている。ひな人形は日本全国から寄せられたもので、供養料として5千円が必要である。交通アクセスであるが、公共交通機関利用の場合、徳島駅より徳島バス(勝浦線)乗車で約1時間(会場付近にバス停留所有り)、自家用車利用の場合、鳴門ICより国道11号・国道55号・県道16号経由で約30km(会場付近に駐車場有り、道筋に写真の幟有り)となっている。

千葉県勝浦市
勝浦市内の各地において、ビッグひな祭り実行委員会によって約2週間にわたり開催される。勝浦町より譲り受けた7千体を含む計2万体以上のひな人形が飾られる。
期間中は市役所やJR勝浦駅等の公共施設、商店街の各店舗などにひな壇が設置される。遠見岬神社では石段60段に約1,200体のひな人形が飾られる。


期間限定【ひな祭り特集】お刺身用子持ち牡丹海老 大サイズ500g入 (10〜12尾前後/急速冷凍)


BOXひなあられ


メゾピアノ メゾピアノの新品

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。