菱餅

桃の節句「ひな祭り」の由来
 女の子の成長を願い、邪気を祓うお祭りである「ひな祭り」は、江戸時代に「五節句」(1/7七草の節句、3/3桃の節句、5/5端午の節句、7/7七夕の節句、9/9重陽の節句)のうちの1つとして定められたのが始まり。 
 ひな祭りのルーツは、古くから邪気を祓う儀式の道具として川に流していた人形(ひとがた)を、時代の変化と共に、3月3日の巳の日(忌み嫌う日)に人形を身に付けて邪気払いをするようになったことから始まりました。
 そして江戸時代の貴族の女の子の間で「ひいな遊び」と呼ばれる、お人形遊びが流行した事により、邪気払いの人形と、雛(ひいな)人形が結びつき、現在の「ひな祭り」として、3月3日に子供の成長を願って人形を飾る習慣が定着しました。
カラフルで可愛い素朴なお菓子。
その懐かしい味を手づくりして、女の子の成長をお祝いしましょう。


菱餅 菱餅の三色にはそれぞれに意味があり、紅(赤)は桃、白は雪、緑は大地を表しています。3月は桃の花が咲き、雪の合間から大地がのぞき出す季節。その様子をお菓子に託したものです。
さくら羹 さくら羹は、ツルンとのどごし爽やかな寒天ゼリーを赤く染め、桜の型で抜いたものです。プッチンプリン型は「さくらの形」に似ているので、入手しやすくて便利♪
雛あられ(煎餅) 雛あられは、関西の方では揚げ煎餅で、関東ではポン菓子(ライスパフ)で雛あられを作るそうです。また、大豆または黒豆を炒り、これに「あられ」を混ぜ、砂糖をまぶしたものもあり、地域によって様々。レシピは揚げ煎餅を鮮やかな色に染めて作ります。


京都 ノムラフーズがお届けする 「ひな祭りお祝い重」


メゾピアノ メゾピアノの新品

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。