ちらし寿司

ちらし寿司
ちらし寿司は調理に専門的な技術が不要なため、家庭で作られる機会も多く、祭礼などハレの日の手作り料理として供されることが多い。大きく分けて二つの系統に分類される。
飯に細かく切った魚介類、野菜などの具を混ぜて食べるもの。
バラ寿司・バラちらしとも言う。具には錦糸玉子・干椎茸の煮つけ・かんぴょう・酢蓮根・海老・焼穴子等がよく用いられる。
具を飯の上に飾り載せしたもの江戸前寿司店のちらし寿司(均等にそろえ切りした具を並べる)、鹿児島県の酒寿司・岡山県の祭り寿司等(さまざまな具を配置する)がある。
上記以外の例では、三重県の手こね寿司で具を混ぜた後、更に切り身を乗せる事がある。
店舗・家庭により好みの具が使用され、地方により果物(リンゴ、ミカン、サクランボ等)を入れる場合もある。

押し寿司
飯と具を重ね、一定時間、力をかけて押したもの。最もポピュラーな鯖寿司である大阪府のバッテラや京都府の鯖の棒寿司、富山県の鱒寿司、鰺の押し寿司、秋刀魚寿司、鳥取県の吾左衛門寿司、広島県の角寿司、山口県の岩国寿司など。
ちなみに、「清水次郎長伝」の「石松三十石船」で有名な、森の石松が神田生れの江戸っ子に、「食いねぇ、食いねぇ、寿司食いねぇ」と勧めた寿司とは、大阪本町橋の名物である「押し寿司」といわれる。


ムソー五目ちらしずしの素


メゾピアノ メゾピアノの新品


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。