桃の節句・ひな祭りの料理を作ってみよう

桃の節句・ひな祭りの料理を作ってみよう
親から子へ、家々の味や習慣は受け継いでいくことはとても素敵なこと。桃の節句・ひな祭りの料理を作ってみよう一人暮らしをしていると、ついつい季節の移ろいを忘れがち。その頃、宮中では“ひいな遊び”という紙の人形を使ったおままごとのような遊びが流行しており、それと上巳の節句が合わさって、現在のようなひな祭りという行事になっていきました。 ひな祭りと言えば、『桃の節句』『女の子のためのお祝い』ですが、元々の由来はご存知ですか?ひな祭りは、平安時代に始まったと言われています。

ひな祭りは平日と言うこともあり、一人暮らしではわざわざ料理を用意する人は少ないかもしれませんが、ひな祭りは日本の伝統的な行事です。そのひとつがひな祭り。あなたはその由来や歴史を知っていますか? また、どんなお料理でお祝いをするか、子供の頃にご馳走を食べた記憶はありませんか?日常の慌しさに流されるだけでなく、季節や行事を心に留めて、大事に過ごしていくことが、心のゆとりにもつながります。菱餅・ひなあられ・蛤・チラシ寿司…ひな祭りの料理ひな祭りのときに食べるのは、地域や家庭によって異なりますが、一般的に菱餅・ひなあられ・チラシ寿司・白酒など。

ひな祭りとひな人形の由来を知っていますか?ひな祭りは、桃の節句。季節の節目となる行事として、5つの節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)があり、そのうちの上巳というのがひな祭りにあたるもの。桃や菜の花を飾ってみましょう。彩りが鮮やかで、華やかなご馳走が用意されることが多いと思います。

子供の頃に食べたひな祭りの味を、あなたも再現してみてはいかがですか。どんなものを食べたか忘れてしまったり、作り方がわからなかったら、この機にお母さんに連絡をして、聞いてみてはいかがでしょう。その他の季節にまつわるガイド記事は、「ひとりでも季節を感じながら暮らしたい」シリーズをご覧ください。でも、四季のある日本には忘れてほしくない素敵な行事がたくさんあります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。